普段からできる節約方法

普段から意識できる節約とは、光熱費・水道代である。一人暮らしに限らずどの家庭でも光熱費・水道代はかかるのである。

定期的にお金がかかる光熱費・水道代を抑えることができたらこれは素晴らしい節約であるといえる。

一番いい方法はもちろん電気・ガス・水道を使わないことである。しかし、これは生活していくうえで使わないと不便である。

なので簡単にできる節約方法だけ示したい。

1つ目は、お風呂を沸かすのを止めてシャワーにするのである。シャワーにすることにより水道代・ガス代が節約することができるのである。

このときの注意点だが頭や体を洗ってる最中は水(お湯)はしっかり止めることである。流し続けると水道代がかさんでしまい節約の効果があまりない。

2つ目は、電球をLEDに変えることである。LED自体は昔よりは安くなってるとはいえそれなりに高額である。

しかし、LEDに変えると電気代は圧倒的に安くなるのである。なので、長期的にみればプラスになるのである。

一番いいのは、よく使う電球のみLEDに変えてしまうのが効率よく電気代の節約となる。

3つ目は、無駄な電気は使わない。当たり前のことだがこれが1番効果的だ。無駄にエアコンを使ったり、見ていないのにテレビを付けたりするのを控えるのである。

これらのことをやることによって日常から節約できるのである。http://hobbytalk.jp/

適任者が見当たらない

安倍さん首相になり、はや3年が経とうとしていますが順風満帆だった政権も最近は安保法案をはじめとした問題が支持率低迷につながっています。野党も唯一の弱点とばかりに連日国会でこの点を攻めているようです。正直安保法案によって日本がどうなってしまうのかは未知数ですが、少なくとも、より踏み込んだ国際貢献が果たせるような気がします。日本は平和国家と言われ、また多くの日本人がそのことに対して誇りを持っているように見えますが、平和国家っていったい何なんですか?今、多くの人がデモで反対していますが、彼らの言う平和国家とは戦争をしない国家ということに他なりません。という事はアメリカは平和国家でないのでしょうか。いや、明らかにアメリカによる世界各地での紛争解決が無ければ世界は無法地帯になっていることでしょう。という事は、アメリカこそ平和国家を名乗る権利があるような気がします。デモで反対をしている人たちはアメリカの世界各地での活動に対して批判的なのでしょうか?そこのところを考えると少々無責任なような気もします。日本はもはや世界において大きな貢献を果たすべき信頼ある国家です。自分たちだけ安全でいようというのは虫がいいのでは。審査が甘いカードローンを探すなら総量規制対象外カードローンを利用するのが一番確実です。

ギリシャ・中国経済問題の影響

ギリシャの債務に関してEU諸国との長時間の話し合いの末にどうやら一応の決着を見ました。

又、ギリシャがらみなのか、短期間に中国株が3分の1下落するという中国ショックも重なりましたが、中国政府が半分余りの企業の株取引を一時停止、更に、大量株保有者の半年間の売買停止などといった掟破りを展開し暴落を抑えることはできたようです。

しかし、ギリシャではチプラス政権の寝返りに反対し暴徒化しており、国民投票で6割以上に及ぶEU緊縮策反対、更に中国やロシアの影もあって、EUの新たな改革策が順調にゆくとは思えません。

それ以上に心配なのが中国株ですが、不動産バブル崩壊といわれあちらこちらにゴーストタウンが出現するといいながらも直近のGDPは7%であり、なんとか踏みとどまっているように見えます。

なにより長期間の成長が続く事はありえず、中国のバブルはすでに崩壊しているという話しもあります。

ソフトランディングさせるには巨大になりすぎ、そのコントロールは更に難しいものとなりそうです。

そして、日本を見ると国の経済政策もここに来て行き詰まりをみせ、株もギリシャ中国問題で下がったものの一応持ち直しています。

日本経済は回復基調なのでしょうが、この先は世界の市場や各国の動向に振り回されることになると思えます。

カードローン在籍確認

将来暮らしていく為のお金が一番不安なのかも

多分私は今一番不安なことはお金のことかも知れません。

仕事はしていますが沢山稼ぐことが出来ない為、将来的にこれで生活をしていくことが出来るのかと考えると不安で仕方がありません。

結婚したら多分その不安も半減されるのだと思いますが、結婚する予定もないので余計に不安です。

ついつい占いで聞いてしまうのも金運です。

昨日ネットで無料で占いをしてくれる方を見掛けたのでその方に将来的にちゃんと何事もなく生活していくことが出来るかどうか聞いて今は回答待ちです。

一応今年は金運が良いとは出ているのですが、今年の金運だけ良くても意味がありません。

確かに今年はいつもの年に増して金運が好調というのは実感していますが、これが一生続くかどうかは誰にも分かりません。

この不安が解消されたらいいのになと仕事を頑張っていますが、好きなことが多い分出費も多くなるのでどうにかして収入を増やしたいものです。

お金持ちと結婚したいなんて贅沢なことは言いませんから、お金のことで苦労をすることなく平和な結婚生活をすることが将来の夢です。

その為には自分も頑張らなくてはいけませんが、欲しい物があるとついつい買ってしまうので、物欲も出来るだけ減らしたいなと考えています。主婦キャッシング

彼氏とお金を貯めているのです

私には付き合っている彼氏がいます。その彼氏は結構無駄使いをしています。だから私は、彼氏の財布を握るようにしたのです。結婚もしていないのに、それはやりすぎだと友人から言われました。でも彼氏にお金をもたせていると、私達はいつまでたっても結婚できそうにありません。

彼氏のお給料は私が管理しています。もらったお給料の中からお小遣いとして彼氏にお金を渡しています。そして残ったお金は全部彼氏名義の通帳に入れておくのです。そしてその通帳を私が持っているのです。これだけです。

これで彼氏は無駄をしなくなったのです。渡したお小遣いだけでやりくりするようになったのです。冠婚葬祭などがある時は、私に教えてくれます。そのおt気にはちゃんとお金を別で渡しているのです。

こうするようになったら、なんと彼氏の貯金がとても増えました。なんと私よりも多いのです。びっくりするくらいの結果が出ています。

こんなにも効果があるなんて、私も正直思いませんでした。今まで彼氏がむだにしていたお金がとてももったいなく思います。もっと早く私が管理しておけば、もっと早く彼氏と結婚できていたかもしれません。

でもこの状態が続けば、近い将来結婚もありそうなのです。総量規制対象外カードローン

魔法使いが主人公のアニメの数々

私が子供だった頃には魔法使いの少女が主人公のアニメがたくさんありました。魔法使いサリーやひみつのアッコちゃん、、そして魔女っ子メグちゃんなどで当時は夢中になって観ていたものです。そして私もこんな魔法が使えたらなとヒロインに憧れ、おもちゃの魔法グッズで魔法の練習をしてみたりといった思い出があります。

とくに私が好きだったのは魔女っ子メグちゃんです。メグちゃんはちょっとセクシーでサリーちゃんやアッコちゃんとはまた一味違っていました。それをどきどきしながら、毎週観ていたものです。さらにメグちゃんにはライバルのノンちゃんというかなり大人っぽいキャラクターが出てくるのですが、私はノンちゃんの大ファンでした。

こんな私が当時観ていたときは魔法使いという呼び方をしていましたが、現在の魔法もののアニメは魔法少女という呼び方をすることが多くなりはしたものの、今も昔も魔法を扱ったアニメは変わらずに数多くありますね。

ただ現在のものと昔のものとでは一つ大きな違いがあります。それは現在の魔法少女ものはいわゆる萌え系と呼ばれるものがたくさんあるということです。でも現在の子供たちもこうしたアニメを観て、魔法に憧れているんだろうなと思います。
キャッシング主婦

必見!プロミスの審査方法

プロミスは三井住友銀行によって完全に子会社化された金融会社になります。ですから、三井住友銀行のATM等で借入や返済ができるメリットもあります。大手都市銀行の傘下に入ったことで財務基盤が安定しているので比較的安い金利で借り入れを行うことができます。

さて、プロミスの申し込み条件は20才から69才までの安定した収入のある方を対象にしたローンになります。プロミスの審査基準は属性スコアリングシステムというのを採用しています。今までは、年齢、職業、住居などの審査基準である程度の貸出をコンピュターによって導き出し最終的な判断は融資担当者の直感、長年にわたる経験で最終的に融資の可否を判断していたのですが、この属性スコアリングシステムによって完全に融資をシステマティックにしました。要するに融資の可否に人の判断は用いられないという状況になっています。このシステムは各種のクレジットカードにも適用をされており、このプロミスの審査基準にも適用をされています。

この属性スコアリングに関しては、何だそれ、と思う方も大勢いらっしゃると思いますが、たとえば、年収はお金を借りるのには、高いほうが良いに決まっています。年収の属性が、どのカテゴリーに分類されどのくらいの点数をもらえるか、というのをすべてコンピュターによって審査とをするシステムを取ります。項目は10数項目の項目がありそれぞれの項目に対して点数をつけ、それに対して総合的な判断をコンピュターが判断をするという形になります。銀行の傘下にある金融会社になりますので、この判断は人間の判断ではなくコンピュターに依っての判断ですので非常に早くなります。したがって、ウェブ上で申し込み、必要書類を提出すれば即日融資も可能になるわけです。

この属性のスコアリングシステムの項目は、大体、以下のような項目になります。

年齢

住宅状況

居住年数

配偶者の有無

同居家族の人数

職業

勤め先

勤続年数

年収

無担保借り入れ

このような属性が、一般的になります。具体的にプロミスの属性がこうだ、とは言い切ることはできませんが、以上のような項目はどのクレジットカード会社、カードローン会社も採用していると思われます。

年齢は、20才から60才くらいまでは年齢を重ねるごとに大体、点数は高くなっていくようです。日本の年功序列社会で、プロミスの審査基準である安定した収入ろ考え合わせると通常は、年収と年齢は比例関係にあると考えているのだと思います。

住宅状況では、持ち家が一番、点数が高くなると思いがちですが、持ち家だからといって社宅よりも自動的に上の点数にならないようです。どういう基準で、点数を出しているのかはあまりよくわかっていません。

居住年数は長いほうがいいに決まっています。あちこち、引っ越しをしていればその分信用が無くなるのは常識です。

婚姻の有無は、通常は配偶者がいるほうが点数が高いと考えがちでしょうが30-40代の独身男性などは結婚をしてないほうが却って自由に使えるお金が多いという理由で点数が高くなったりすることもあるようです。モビットの増額審査について

同居家族は多いほうが、いいと思いますが、逆に低い年収に対して、養う家族が少ないと可処分所得が少ないと判断されて独身よりも点数が低くなるケースもあるようです。

職業、勤め先、勤続年数などは大手上場会社の役員がトップクラスで中小企業のアルバイトが最低ランクになるのはご想像の通りです。ただし、自営業、自由業はプロミスの場合、安定した収入を謳っていますので厳しいのではないか、と思います。自営業でも従業員3人で経常利益が一億円を超えるというのであれば別ですが、そんな人はこのような高い金利で借りなくても、もっと安く貸してくれるところはいくらでもあると思います。

勤続年数はながければ長いほどいいと思います。これは、一般的な解釈の通りだと思います。

年収は高ければ高いほどいい点数を得ることができますが家族構成や同居家族の人数、その家族の仕事の状況によって大きく変化する可能性があります。極端な話、10人家族でそのほかの9人が扶養家族であれば1人当たりの年収は50万円になるわけです。そんな人にお金を貸すほどプロミスは甘くないと思ったほうがいいでしょう。

このような審査を実は、プロミスはしています。この属性のそれぞれの点数を総合的に判断しているのがコンピュターになります。プロミスは何度も書くように、安定した収入の人に貸したいわけですから、収入が不安定な方、特に、アルバイト、自営業、自由業は世間一般的には、収入が不安定とみなされることが多いと思います。こういった職業の方は個人的には融資を受けられる確率が非常に少ないのではないか、と考えています。

実は、この審査が最終的なものではなく、後は信用情報センターというところの情報をもとに融資の可否が決められます。これは、過去に多きな、債務遅延や事故情報、事故情報とは債務整理や自己破産があったかないか、などの情報です。ですから他者の情報などは、全部ここで見られてしまいます。ここでの審査を通ると、晴れて融資を受けられるということになります。

もう一度プロミスの審査を繰り返しますと、最初は提出した情報に基づき、コンピュターによる属性スコアリングという審査をします。この審査はお金を借りるときの一般的な常識、勤続年数が長いとか、勤めている会社の規模、役職、とか、住宅が持ち家か、賃貸かなど一般的な常識を下にコンピュターが判断しています。おそらく、プロミスは、安定した収入が重要な要件なのですから職業のスコアリングに重点をおいていると思います。ただ、一般的に重要とされることが逆の判断にあったりする場合もありますので、その点は注意してください。その後、信用情報センターにその顧客の与信情報を検索をします。最初にコンピュターで審査をすると書きましたが与信情報はほとんど、人間の手によって審査されます。この情報はほとんど一目で合否がわかる情報になりますので素人でも判断ができる内容になります。ですが、この情報は債務の遅滞や事故情報をみるものなのでウェイトは大きくないと思います。

このようにプロミスは審査をしていると思います。

ですから、大きい会社や年収が大きい方はこのプロミスの安い金利でお金を借りることをおすすめします。とにかく、安定的な収入があると思われている方はぜひ、プロミスを利用するべきかと思います。

消費税増税に関する議論の”あれこれ”に思うこと

20年近く続いた5%の消費税が、2014年4月1日から8%に上がりました。私は増税することに関しては、賛成でした。財務省が公表している増税の理由は「少子高齢化により所得税や法人税などからの財源確保が難しくなるとともに、高齢化により社会保障の負担が増えていく」というものです。

この理由にも客観的事実として納得できますし、他に長期的・安定的に財源を確保できる方法があるとも思えません。ところで、私は今回の増税議論に対して”反対派”の声が気になりました。

反対派の多くは主婦(夫)や高齢者層が多かったようです。それらの人々からの意見はすべて”今の”、”自分の”生活だけしか見ていない考えていないように感じたからです。また、基本的なことで日本人は生活のなかでモノに対する欲求が強すぎることも感じました。意見の中で「生活が苦しい」と言っていた主婦の自宅には最新の掃除機や多種類のジュースなどがありました。

消費税増税を実施するしないにかかわらず、まず自分たちの生活の無駄を省くことから始めなければならないと感じました。賛成派の意見にも疑問を感じるものがありました。「日本は他先進国に比べて消費税が低すぎる」という意見です。消費税率に関してはその国の実態に合わせた率を考えるべきであり、多い少ないのみで他国と比べる必要はありません。

キャッシングやカードローンの限度額

利用限度額って単純なようで奥が深いです。

キャッシングのパンフレットやホームページに書かれている最大融資額=自分の利用限度額とはならないので注意が必要です。

しかし、最初に決められた利用限度額は自分の日頃の返済や借入の状況によって増額することができます。

将来もう少しお金が必要になる、という人はコツコツと真面目に返済しましょう。

逆に、返済を怠ると利用限度額が減らされてしまうこともありますのでお気を付けください。

消費者金融では総量規制があるため年収の1/3までの借り入れしか出来ません。

ですから最大融資額500万円と書いてあったとしても年収が300万円の人は100万円までしか借りることが出来ません。

これは法律で定められています。

総量規制の対象にならないのが銀行からの借り入れです。

まとまった大きな額を借りたいのであれば銀行からの借り入れをオススメします。

まとまった額を借り入れ出来たとしても返済に困らないよう日々節約するしかありません。

大金を目の前にすると自分のお金と勘違いしてしまいがちですが、あくまでも借りたお金だということを忘れないようにしましょう。

少しだけの借り入れなら消費者金融に頼るのも手です。

新生銀行カードローン(レイク)特徴

借入してたいのなら、色んな機能が合わさった便利なカードローンの金融業で取引した方が有利だと思います。

普通の銀行である、新生銀行と、消費者金融業のレイクが、合わさったカードローンがあるのです。

それは、新生銀行カードローンレイクと言う賃金業です。これは、新生銀行の良い所や、レイクの良い所がドッキングして、とても利用しやすいカードローンになっています。

今まで消費者金融業のレイクを利用した事がある人なら、違いが驚くほどだと思います。例えば、銀行系の利息なので、とても安い4.5~18%金利となりますし、インターネットで契約した場合、借入するのは、新生銀行の口座へ振込みをしてくれるので、とても便利だと思います。

カードローンはカードを必要となりますが、振込みでも受け取りができるのがとても楽な方法であると思います。

そしてカードは、後日に郵送してもらったり、もしくは、新生銀行内に設置している自動契約機械でカードを発行して受け取っても良いのです。

そして、他社の銀行のカードローンには無いサービスも展開していて、初めて利用の人には、無利息期間と言うのもありますので、銀行と消費者金融業の良い部分ばかりを合わせ合った特徴があると思いました。

家族にも心配をかける事なく、知られずカードローンで便利に!

急な出費でお金が必要な時に、誰にも知られずにキャッシングできるとしたら嬉しいですよね。カードローンを申し込んでおくと本当に便利です。申し込み書を書いた場合には、ご利用ガイド、契約についてのお知らせ、ローンカードが郵送で送られてきます。

ネットでの申し込みをした場合には、全てメールを通して送られてくるので郵送されることはありませんが、ローンカードだけは手渡しが原則となっているので、郵送または店頭受け取りとなります。自分で店頭に取りに行くのも一つの方法でしょう。

ローンカードは郵送で送られてはきますが、業者名や金融機関名を伏せて郵送してくれるので家族が封筒を開けてしまわない限り家族や誰にも知られずにキャッシングすることが出来ます。

銀行振込みでキャッシングできるので誰にも怪しまれることなく、必要なお金を手にすることができまるので家族に余計な心配をかけなくて済みます。急な出費で必要な時に必要なだけキャッシングできるので、身近で利用しやすいですね。

普段通りの生活をしていて、給料日前なのに生活費を使いすぎてしまったなんて時も、本当に安心です。この方法を知っていれば困ってしまうなんて事はなくなるでしょう。

専業主婦でも50万円借入可能な静岡銀行カードローン

無職の人はお金を借りる事が出来ませんが、専業主婦と言う収入が無い、家の働きばかりを行う者に取っては有り難い借入先があります。

それは、静岡銀行カードローンセレカと言う、個人への貸付商品です。この静岡銀行は地方銀行でも大規模な銀行として有名です。

専業主婦は、無収入であるために、信販会社や、消費者金融業と言う借入しやすい金融業であっても借入する事が出来ません。

専業主婦が借入するのなら、配偶者貸付以外の借入方法しかないと言われますが、それは、個人での、返済能力が無いからでしょう。

しかし、専業主婦と言うのは、配偶者であるだんなさまからの収入を元手に働かないでも暮らして行けるというレベルであるので、余裕がある家庭なのだと思われます。

そんな専業主婦が借入できない金融業があるのは不思議な様に思いますが、静岡銀行カードローンセレカであれば、50万円までなら借入は可能なのです。

だから専業主婦から、とても人気があるカードローンとも言えます。こんなに良いカードローンであるので、静岡県に住んでいなくても借入したいと全国から殺到しそうな気がします。

借入が出来るのは、静岡県はもちろんのこと、東京都や、神奈川県や、愛知県に住んでいる人はインターネットでも申込できますし、住んでいなくっても、この場所に継続勤務している人も申込が出来るのです。

専業主婦とは、家計の細かなやりくりから、家の家電や大きな商品も選択して購入するように、お金の消費をする人でありますので、そんな権利がある専業主婦の人に貸付をしてくれるというのは、利用し甲斐があるカードローンだと思います。

静岡銀行カードローンセレカは専業主婦に大絶賛されているカードローンのようです。

楽天銀行のカードローンについて

楽天銀行のカードローンの主な特徴としては他社カードローン同様、消費者金融よりも金利が低く(4.9~14.5%)、総量規制の対象外なので、大口融資を希望している場合は選択肢に入れる方が少なくありません。

メガバンクと比較して敷居が高くないのも人気の理由です。

楽天銀行スーパーローンを申し込むには下記のすべての条件を満たす必要があります。

満20歳以上60歳以下であること。

日本国内に移住していること(外国人の方は永住権または特別永住権を所持していること)。

原則、毎月安定した収入があること(配偶者の収入がある主婦も可)

楽天銀行株式会社またはセディナ株式会社の保証を受けられること。

万が一、返済の遅れなどがあった場合、楽天銀行株式会社またはセディナ株式会社が保証することになります。

その後は、上記の2社が直接利用者と取引きをすることになるので、保証人は不要です。

利用限度額は500万円(主婦の場合は50万円)で借入れ資金の使用目的は原則自由ですが、事業性資金には利用できません。

申込書の他に本人確認のための運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかが必要です。

収入を証明する為の源泉徴収票、課税証明書、給与明細書、確定申告書のいずれかを準備する必要があります。

※利用額200万円以下の契約には収入証明書は原則不要です。ただし個人事業主、法人の場合は200万円以下でも必要です。

以上の書類が必要になります。

みずほ銀行のカードローン

今回は、みずほ銀行のカードローンの特徴をご紹介したいと思います。その特徴の一つ目は、最短で即日利用、即日審査が可能であると言うことでしょう。

口座を持っている方であれば、即日でカードローンを利用することが可能です。また、持っていない方でも即日で審査結果を教えてもらうことがでいます。これは、本当にお金が必要だと考えている方には、大助かりのサービスだと思います。

第二に、申し込み方法を選ぶことができます。インターネットモバイルなら、24時間の受付が可能ですし、カードを2種類の中から選ぶことができます。最近のカードローンの特徴として24時間受付というのは当たり前になってきていますが、希望に合わせたカードを選ぶことができるというのは、なかなかないサービスだと思います。

第三に、みずほ銀行のATMやコンビニ提携のATMで利用することが可能です。その上、みずほダイレクトに加入されているのであれば、自宅でも移動中でもどこからでも借り入れが可能です。これもうれしいサービスだと思います。

これが一番重要なのかも知れまsんが第四にカードローンの金利は年4.0%から14.0%という範囲内です。また、利用限度額は1000万円までなので、通常のカードローンの限度額とし隠してもかなり高額で幅広い範囲での借り入れが可能ということになります。その上、金利の幅が広いのは、借りる元金の金額によって金利変わってくるので一概に何パーセントといえませんが、それでもカードローンの中では高い方ではありません。