月別アーカイブ: 2015年8月

ギリシャ・中国経済問題の影響

ギリシャの債務に関してEU諸国との長時間の話し合いの末にどうやら一応の決着を見ました。

又、ギリシャがらみなのか、短期間に中国株が3分の1下落するという中国ショックも重なりましたが、中国政府が半分余りの企業の株取引を一時停止、更に、大量株保有者の半年間の売買停止などといった掟破りを展開し暴落を抑えることはできたようです。

しかし、ギリシャではチプラス政権の寝返りに反対し暴徒化しており、国民投票で6割以上に及ぶEU緊縮策反対、更に中国やロシアの影もあって、EUの新たな改革策が順調にゆくとは思えません。

それ以上に心配なのが中国株ですが、不動産バブル崩壊といわれあちらこちらにゴーストタウンが出現するといいながらも直近のGDPは7%であり、なんとか踏みとどまっているように見えます。

なにより長期間の成長が続く事はありえず、中国のバブルはすでに崩壊しているという話しもあります。

ソフトランディングさせるには巨大になりすぎ、そのコントロールは更に難しいものとなりそうです。

そして、日本を見ると国の経済政策もここに来て行き詰まりをみせ、株もギリシャ中国問題で下がったものの一応持ち直しています。

日本経済は回復基調なのでしょうが、この先は世界の市場や各国の動向に振り回されることになると思えます。

カードローン在籍確認